法律・士業|新着ニュースポータルサイト

新着ニュースポータルサイト
企業PR
■該当件数2件中<1 〜 2を表示> 1

あなたは、自分の相続手続きがすんなり進むと思っていませんか


相続手続きにはトラブルが頻繁に発生します。
それは、相続手続きは相続人全員の関与がないと手続き自体が滞ってしまい、誰か一人でも納得しなければいつまでたっても手続きが進まないことが一因としてあります。
そのため誰が相続人であるのかをちゃんと把握しておくことが、のちの相続手続きを円満に終わらせるためには重要です。
相続人の中に一人でも行方不明などで話し合いに参加できない、相続人が妻と自分の兄弟であり、仲が悪く話し合いが難しい、このような場合事前の防止策が必要です。
司法書士おおやなぎ事務所では、お客様のご事情をお伺いしたうえで、お客様に合わせた紛争防止方法を提案させていただきます。
とりあえず軽い気持ちで話を聞きたい方はお気軽に司法書士おおやなぎ事務所までご連絡ください。
相続手続き、遺言書のご相談は茨城県古河市の出張司法書士、司法書士おおやなぎ事務所へ
お客様のご自宅まで無料で出張します。

社会保険未加入のご相談はオールウィン社会保険労務士事務所へ


オールウィン社会保険労務士事務所、所長の内山則仁と申します。
「社会保険に加入すべきなのに未加入の事業所が全国で79万社」
「今後は、徹底的に調査、指導して加入させていく」
という年金事務所の案内をご存知の方もいらっしゃると思います。
昨年も、かなりのお客様から、「加入に関する調査票が届いたのだけどどうすればいいの?」
「年金事務所への来所通知が来た!」「年金事務所の人間が会社に来た!」といった
ご相談を受けました。
今年は更にそういった事案が増えてくることを予想しております。
私は、経営者の皆様からご相談いただければ、
年金事務所との窓口となって、よりよい方法に導くコンサルタントを行うことができます。
これからはおそらく加入しないでいるという選択肢はなくなると考えた方が良いです。
ならば、少しでも保険料負担を抑えるようにとか、少しでも加入時期を遅らせる等
今までの経験、実績で絶対にお役にたてると思っております。
対応を間違えるとお役所なので大ごとになってしまいかねません。
大ごととは、2年前まで遡っての社会保険加入です。
一気に経営が厳しくなる可能性があります。
社会保険未加入の経営者の皆様は是非ともお気軽にご相談ください。
誠意をもってご対応させていただきます。
宜しくお願い致します。